我が家の中1英語勉強法

『音読』の効果について

 

英語の塾の先生が教えてくれた

英語勉強法

 

とにかく、テキストを

『声に出して読む』こと。

 

えんぴつを持って、

大切な個所に線を引いたり

〇で囲ったりしながら

IMG_6406

 

声に出して読む。

IMG_6405

 

===英語学習方法のブログより===

 

効率よく英単語を覚える

具体的な方法

それは、英語はきちんと発音すること

 

人間は読めないものは

なかなか暗記できないので、

発音(読める)も

きちんとやる必要があります。

 

1語につき、

かけていい時間は3秒にしましょう。

 

時間をかけてしまうと

勉強がはかどりませんし、

 

何よりモチベーションが下がり、

勉強が嫌になってしまいます。

 

1語3秒なら、

100語あっても

300秒=5分で勉強できます。

 

実際中学生で一気に

100単語覚える機会は

あまりないと思いますし、

 

5分以内であれば

気軽に取り組めると思います。

 

3秒で済ませるためにも、

わからなければすぐ答えを見ましょう。

また、「なんだったっけなー…」

「さっき見たばっかなのにもう忘れちゃったよ…」

と思うとストレスがかかります。

 

これもモチベーションを下げる原因なので、

回数を増やすためにも

すぐ答えをチェックして

サクサク進めていきましょう。

 

==ここまで==

 

実際に、中1になる娘は

全くやったことのない英語の文法学習を

市販のテキストを使って独学でやってますが、

 

音読学習法は、

かなり効果があります。

be動詞とか、一般動詞

一人称、二人称、三人称などは

覚えたみたいです。

 

まだまだ、英単語は確実に覚えられないようで。

 

Thisとか、わりと簡単そうな

単語を、何回も調べてます…(汗

それさっきも聞いたよね。

という感じです…。

 

それでも、コツコツと努力する性格なので、

春休みを英語学習に費やしてます。

 

最初は、さっぱり分からなくて、

大量に与えられたテキスト、参考書など

どう使ったらいいのか

 

途方に暮れかけましたが、

 

一週間以上経ち、

習慣づいてきました。

 

『分かる!』ようになり、

英語塾の先生は、厳しい先生ですが、

時折『すごいじゃん!』と褒められると

やっぱうれしいようで、

 

あの塾にしてヨカッタ。

と言ってます。

 

 

 

 

大学入試英語関連記事、従来の英検は不採用!?

大学入試センターは平成30年3月26日、

「大学入試英語成績提供システム」の

参加要件確認結果を公表した。

===ヤフーニュースより==

TOEFL、TOEICなど、

8種類の資格・検定試験の採用が決まった。

 

英検は、多くの中高生が受検している

現行の「従来型」は不採用となり、

新たに導入する3方式が採用された。

大学入試センター試験に代わって

実施される大学入学共通テストでは、

「聞く」「読む」「話す」「書く」という

英語4技能を適切に評価するため、

「大学入試英語成績提供システム」の

参加要件を満たした

民間の資格・検定試験が活用される。

 

参加要件を

満たしていることが確認された8種類は、

ケンブリッジ英語検定、

TOEFL iBTテスト、

IELTS、

TOEIC Listening & Reading Test

およびTOEIC Speaking & Writing Tests、

GTEC、

TEAP、

TEAP CBT、

英検(1日完結型、公開会場実施、4技能CBT)。

 

IELTSは、平成30年6月に

国内での実施実績「2年以上」の

参加要件を満たす見込みであることから、

条件付きとした。

従来型の英検については、

一次試験(「書く」「読む」「聞く」)の

合格者のみが

二次試験(「話す」)を受検できる仕組みとなっており、

 

一次試験不合格者は

二次試験を受検できないことから、

「1回の試験で英語4技能すべてを評価するもの」

という参加要件を満たしているとは

いえないと判断された。

英検のうち、

一次試験の合否に関わらず

4技能を評価する新たな試験方式の

「1日完結型」「公開会場実施」「4技能CBT」は、

いずれも参加要件を満たしている

として採用された。

文部科学省では、

大学入試英語成績提供システムへの

採用が決まった8種類の資格・検定試験について、

 

外国語の学習・教授・評価のための

ヨーロッパ共通参照枠「CEFR」との対照表を作成。

文部科学省や大学入試センターのWebサイトで公表している。

今後は、資格・検定試験の

実施主体と大学入試センター間で

協定書を取り交わし、

 

平成32年度(2020年度)に実施される

平成33年度(2021年度)入学者選抜から、

成績提供システムに参加する見通し。

 

◆「大学入試英語成績提供システム」参加要件確認結果
<採用が決まった8種類の資格・検定試験>
ケンブリッジ英語検定
TOEFL iBTテスト
IELTS
TOEIC Listening & Reading TestおよびTOEIC Speaking & Writing Tests
GTEC
TEAP
TEAP CBT
英検(1日完結型、公開会場実施、4技能CBT)

・日本英語検定協会(英検協会)は2018年3月26日、

「大学入試英語成績提供システム」の

参加要件確認結果を受け、

見解を発表した。

 

現行の「英検」は参加要件を

満たさないとされたが、

「資格・検定試験としての

英検の活用は何ら変わることはない」

と述べている。

 

従来型の英検については、

今後も引き続き年3回実施。

高校入試や大学入試での

外部資格・検定試験活用の流れを受け、

入試での採用実績が伸び、

受検者も急増していることから、

受検日程や試験会場の拡大・増設、

運営品質の維持・向上などに努めているという。

資格

英語の勉強の仕方がわからない時はー

英語の勉強の仕方がわからない

4月から中1になる娘が始めた

中学英語の自宅学習を紹介します。

 

中学1年生のテキストを
春休み中に終わらせる!

という目標に向かって、
取り組み始めました。

塾に行く前の娘のレベルは…

アルファベットもまだ怪しい状態です。

rとlがはっきりわかっていない…。

 

中学一年生のテキストを、

教科書に合わせて
進めていくのですが、

コツをつかむまでは、

とにかく時間がかかります(汗

 

中学生の英語をいちから学ぶための

中学生英語おすすめテキスト

中一えいご

これだけは、というポイントを

的確に教えてくれています。

 

中一えいご中身

簡単なことから

わかりやすくまとめてあるので、

理解できないということがなく

どんどん進みますが、

 

1人での勉強はまだ難しいようで、

親子で一緒に勉強するのに

よいテキストだと思います。

 

テキストは、日本語の説明も音読する。

必ず音読する。

書いてある説明を、そのまま覚える。

 

自分の解釈に訳さないで、

そのまま覚えてします。

 

そのためには、音読です。

 

 

 

 

中学の英語勉強法について

4月から中学一年生になる娘の

英語勉強法について。

 

いまだに

アルファベットを完璧に覚えてなくて、

 

英語学習が全く初心者の12歳が、

 

どのように

自宅学習をしているのか、

ご紹介します。

 

その前に、

どんな勉強法であれ、

まず大切なポイントは、

 

子どもが学習に慣れて、

その学習が習慣化されるまでは、

 

親も一緒に学習に取り組む

ということ!

 

そのためには、

一日の中で、一週間の中で、

 

じっくり、最低1時間くらいは

親子で一緒に学習できる時間を

確保することから

始めなければなりません。

 

見たいテレビ番組だけ見て

あとの時間はテレビを消しておく、

 

とか、

 

 

休日の朝、起きてからの30分、

寝る前の30分を利用するなど、

 

とにかく、”英語学習”を

生活の一部にすることが必要です。

 

多くの人は、途中で挫折してしまうものです。

 

生活を見直すチャンス!

きっとダラダラと、無駄に使っている時間があるはず。

 

慣れるまでは、

「あ~、英語やらなきゃ…」

「今日だけは辞めておこうかな…」

と思う瞬間ばかりだと思います。

 

しかし、

そこを乗り越えて、

まずは、一日15分でもOK。

3週間くらい続ければ、

習慣化されます。

 

中学で、英語の成績を上げたかったら、

まずは、勉強する習慣作りから。

 

最初は、勉強の質は気にせず、

毎日、”英語”に触れることです。

 

娘の英語塾おススメの辞書です。

辞書

見やすくて、

発音が、ひらがなカタカナ表記なのが

ありがたい。

 

発音がわからないと、

単語は覚えられませんから。

 

 

 

 

 

自宅で英語学習。

今日の英語学習。

小学校卒業。全く英語をやったことない娘。

アルファベットも完璧ではないかも(汗

中学入学前に、英語の勉強始めました!

 

選んだ英語塾の子達のレベルが高くて…

教材がいきなり、

『速読英単語』の音読。

 

平行して、

教科書トレーニングも。

これは、I am ・・・。

私は ・・・です。

からスタートするテキストも。

この教材は学校の授業に合わせて。

 

でもこの教科書トレーニングテキストを

春休み中に終わらせるという課題が。

 

頑張ります!