中学生の英語勉強法は-

英語の実力をつけるための勉強方法を

紹介します。

 

英語が読めるようになるためには、

 

まずは、

【文法】をよく理解する

必要があります。

 

 

英語の文には、

「主語」と「動詞」が必要です。

 

また、英語は

「主語」+「動詞」+「目的語」とか、

「主語」+「動詞」+「補語」と

いったものがあります。

 

これがわかっていないと、

ちょっと複雑な英文はたちまち

わからなくなってしまいます。

 

日本語と英語の違いを見てみましょう。

 

日本語の場合

 

わたしは

昨日

くつを

なくした。

 

最後まで聞かないと

分からないのが日本語の特徴。

 

 

英語の場合は、

I(アイ)

lost(ろースト)

my shose(マイ シューズ)

yesterday.(イエスタディー)

 

すぐに結論がわかるのが

英語の特徴

 

英語では、主語の後に

「~する(した)」という

動詞を先に言います。

 

ことばの順番が違います。

 

日本語の場合は

 

わたしは

昨日

くつを

なくした。

 

英語の場合は、

lost

my shose

yesterday.

 

英語の文では、語の並び順が

だいたい決まっているのです。

 

誰が(何が)

~をする(した)

何を

どこで

いつ

 

このように、

英語は、「ことばの並ぶ順番」が

とても大事なのです。

順番が変わると、

意味も変わってしまいます。

 

英語では、

「~を」

よりも

「~する」(動詞)を

先に言います。

 

トムは

サッカーを

します。

 

Tom (トム)

plays (プれイズ)

soccer. (サカ~)